白髪染めで低刺激なのによく染まる!選び方

肌がアレルギーやかぶれやすい人にとって、刺激の強いヘアカラーは敵です。
でも、そんな人でも白髪染めができる低刺激のヘアカラートリートメントがあります。

染まり具合の満足度で選ぶなら、初めての人はLpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメントがおすすめ。1回であんなに染まるとは思っていませんでした。
じゃぁ利尻昆布ヘアカラーとレフィーネヘッドスパがイマイチかと言うとそんなことはありませんよ。2回連続で染めたらしっかり染まり、しかも10日以上も染めもちがしたので、かえって大満足でした。

成分はすべてが天然じゃないとNGという人はレフィーネへッドスパか利尻昆布ヘアカラーを選びましょう。

この2つが天然成分の比率が高いので、安心して使えると思います。(ただし、人によって、天然成分にもアレルギー反応も出ることもあるので、不安な人は、パッチテストから始めるのがオススメ)。

ルプルプはほとんどが天然成分だけど少しだけ界面活性剤が入っています。でもPH値は、安心して使える中性に近い値なのでそれほど心配はないでしょう。

ルプルプの一番のおすすめポイントは、初回購入がすっごく安いことです。お値段は1980円(税込)!白髪染めでかぶれた経験のある人はなかなか新しいものを使う時はちょっと怖かったりしますよね。そんな人のためにも10日以内なら、返金保証があるから安心ですよ。

白髪染めで髪が痛むというのは、PH値が高いからで、PH値とは水素イオン濃度のことで、属に酸性やアルカリ性と呼ばれるものです。

PH値が高い=アルカリ性であればあるほど痛みやすく、中性に近いのが髪にやさしく、また酸性が強くても、劇薬指定になるため、とにかく中性が良いと覚えましょう。

ただし、中性だと、髪は痛みにくいけど白髪が染まりにくいというデメリットもあるので、どの辺で妥協するか、によって選ぶヘアカラーも変わります。

中性に近い順に並べてみると以下です。

[colored_box color=”gray” corner=”r”]・利尻昆布
・レフィーネ
・ルプルプ
・ラサーナ
・・・・・
・美容院の白髪染め
・薬局など市販のヘアカラー
・ヘアダイ
[/colored_box]

頭皮や髪をとにかく傷めたくない人は利尻昆布がイチオシです。

傷めたくないけどしっかり染まってほしい人はルプルプやラサーナヘアカラートリートメントを選べばいいと思います。ここまでは、全く違う白髪染めでも染毛料で、美容院の毛染めからは染毛剤で、完全に刺激の強い薬剤を使います。

続けて使うのを考えたらやっぱり値段は気になりますね。

初回購入の価格は重要ポイントですね。
使ってみて肌に合わなかったりするとがっかり・・・
結構いいお値段だったのに、もったいないなぁって思っちゃいますよね。1本目はやっぱりお試し価格で買いたい!
ルプルプなら通常3000円(税抜)が1834円(税抜)
安くてもちゃんと返品保証(10日以内)もついてます。

価格や素材、成分その他諸々で考えたらルプルプを使ってみるのがいいですね。

[colored_box color=”gray” corner=”r”]最近ちょっとこんな症状ありませんか?

・抜け毛が増えた
・生え際が薄くなった
・ヘアカラーをすると頭皮がヒリヒリ
・頭皮が痒い[/colored_box]

こんな症状がある人は頭皮が敏感になっている可能性があります。そんなときに刺激の強い白髪染めをするともっと薄毛が進行したりします。とにかく刺激の弱い、天然成分でできている利尻昆布かレフィーネがいいですね。本格的に薄毛になってしまったら白髪染めどころではなくなりますからね。

最初は1回/週がすごく面倒に感じることもあるかも知れませんが、トリートメントを週に1回すると思えばどうってことないですよね。だって別にトリートメントを買う必要もなくなるんですから。お財布にも優しいのが白髪染めトリートメントです。